転職面接の後にお礼メールは送るべき?必要性と作成時のポイントを解説 (2022)

転職面接の後に、面接をしてもらったお礼として「お礼メール」を送るかどうか迷うことがあります。
送った方が好印象で内定確率がアップするのか、それとも逆に迷惑なのか、悩みどころですよね。
そこで今回は、転職活動中のお礼メールについて、必要性や送るときの注意点などをご紹介します。
目次
  • 転職におけるお礼メールの必要性
  • お礼メールを送る場合、送らない場合
    • 企業規模が比較的小さくアットホームな場合
    • 企業規模が大きい場合
  • お礼はやっぱりメールがいいの?
  • お礼メール作成時のポイント
  • お礼メールに対しての返信にはどう対処する?
  • お礼メールを送るべきか迷ったら

転職におけるお礼メールの必要性

企業の採用担当者にとって、お礼メールは「なくてもマナー違反ではないし、評価が下がることはない。ただし、もらって嫌な気はしない。」といった程度のものです。
転職面接で実際にお礼メールを送ってくる人も、全体の1割くらいと、送らないケースが圧倒的に多いもの。
選考を大きく左右するとまでは考えなくて大丈夫です。
お礼メールを送る時間がない、大事な面接後に送り忘れてしまった場合でも心配する必要はないでしょう。
とはいえ、全く同じスキルや経験値の人が最終面接まで残った場合、お礼メールの有無が合否をわける可能性はあります。
送るか送らないかで言えば、ケースに応じてお礼メールを送るのはおすすめできると言えます。

お礼メールを送る場合、送らない場合

面接後にお礼メールを送るかどうかは、応募する企業やメールのやり取りをする相手が誰かによって使い分けてみてもいいでしょう。
お礼メールを送る場合、送らない場合とその理由を紹介します。

企業規模が比較的小さくアットホームな場合

応募した企業の規模が比較的小さめで、面接官とメールのやり取りをする人が一致している、企業の雰囲気がアットホームな場合、お礼メールには一定の効果が見込めます。
主な理由は下記のとおりです。
  • それぞれの応募者がどんな人か面接官がよく覚えている
  • 面接官と連絡係が同一のためメールのやり取りも選考の判断材料になる
  • スキルや経験以上に人柄を重視する
規模が小さめな企業では、募集人員も応募者数も多くなく、面接に来た人1人1人が印象に残りやすくなります。
お礼メールでダメ押しすることで好感をもち、「やっぱりあの人がいいな。」と決め手になる可能性があります。
スキルや経験は書類選考である程度ふるいにかけていますから、見られるのは人柄。
お礼メールによって、自社の温かい雰囲気に馴染みやすいと思われる可能性があるのです。

企業規模が大きい場合

応募する企業の規模がそれなりに大きい場合、お礼メールは送ってもあまり意味がないと言えます。
その理由としては、下記のようなことが考えられます。
  • 大量のメールに埋もれるため効果が薄い
  • 多忙な人事担当者にとってはメールを処理する時間すら惜しい
  • 応募者とのやり取りをする人と面接官は別の可能性が高い
規模が大きい企業では、毎年の新卒採用や人事異動がおこなわれます。
採用担当者は中途採用だけでなく、来年度の新卒採用や異動対応も同時におこなうなど、多忙を極めていることでしょう。
メールのやり取りも頻繁に発生しており、毎日多数のメールを処理することになります。
(Video) 【就職・転職相談 切り抜き】面接が終わった後に、お礼の連絡をすることは良いかどうか?
また、比較的規模の小さい企業では、面接官が直接応募者とやり取りをすることがありますが、規模が大きい企業は別。
人事課の中でも、一般社員に応募者との日程調整や連絡を任せ、実際に面接を担当する課長クラス以上は、直接メールのやり取りをおこなうことはあまりありません。
お礼メールを見た一般社員が、上司にお礼メールがあったことを報告するとも限らないのです。

お礼はやっぱりメールがいいの?

面接をしてくれたことへのお礼は、メールがもっとも適しています。
メール以外の方法では、手紙、電話、直接訪問といったものがありますが、右へ行くほど相手への負担が大きくなると思っておきましょう。
手紙の場合は届くまでに時間がかかり、ほとんど意味がありません。
電話や直接訪問は相手の貴重な時間を突然奪うということなのでやめましょう。
メールであれば、相手のタイミングで見てもらうことができますし、押しつけがましい印象もなく適度な好感を保てます。
とはいえ、メールを送るタイミングはいつでもいいわけではありません。
面接が終わって帰宅したらすぐに送ることを心がけると、印象に残りやすく、営業時間外に送るといったマナー違反を回避することができます。

お礼メール作成時のポイント

お礼メールの内容は、面接を終えて感じたこと、会話の中で印象に残ったことなどを丁寧に伝えれば十分です。
内容は長くなり過ぎず、お礼のメールであることがわかりやすい文面にしましょう。
気をつけたいポイントとしては、内容もさることながら、件名が重要。
返信が必要なメールなのかを瞬時に判断するために件名をチェックしますから、誰からの何のメールなのかがわかる件名にしてください。
「〇月〇日 二次面接のお礼(氏名)」 など、シンプルにまとめるのがいいでしょう。
簡単ではありますが、下記にお礼メールの例文を紹介します。
いつもお世話になっております。
本日、営業職の面接をしていただきました、〇〇と申します。
本日はお忙しい仲、貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございました。
△△様のお話を伺う中で、貴社の「お客さまと寄り添うサービスを」 という理念にもとづいた姿勢に感銘を受け、一層志望意欲が高まりました。
このたびの面接が良い結果となりましたら、貴社に貢献できるよう努力していくつもりでおります。
取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールさせていただきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
氏名
メールアドレス
電話番号
(Video) 【これで完璧!】就活お礼メールの書き方と例文を徹底解説!【就活:転職】

お礼メールに対しての返信にはどう対処する?

企業の人事担当者によっては、丁寧に返信してくれることがあります。
この場合、応募者である自分が目下の立場にあたります。
相手の返信が短くそっけなかったとしても、しっかり返信しましょう。
「丁寧なお返事をありがとうございました。次回の面接を楽しみにしております。」など、短くていいので返すのがマナーです。

お礼メールを送るべきか迷ったら

転職エージェント経由で応募していると、転職活動中に感じるちょっとした疑問や不安について相談することができます。
面接後にお礼メールを送った方がいいかどうかも聞いてみるといいでしょう。
企業の採用担当者と密接にやり取りをしている中で、お礼メールが好まれやすいかなど、細かい情報を教えてくれることもあります。
転職エージェントを利用すると、求人紹介だけでなく転職活動中に困ったときにも頼りになるのはメリットですね。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

転職面接の後にお礼メールは送るべき?必要性と作成時のポイントを解説 (1)
いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。
求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・
転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。
そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。
面倒な作業を、全てプロに任せることができます。
転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。
転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。
例えば・・・
  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉
このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。
「でも、利用料金が高いのでは?」
心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。
そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。
(Video) 【就活】一次面接のお礼メールの送り方|好印象に繋げるポイント【23卒】
無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。
ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。
現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。
ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。
転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。
転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

書類選考の通過率が格段にアップ

転職面接の後にお礼メールは送るべき?必要性と作成時のポイントを解説 (2)
キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。
一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。
プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。
しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。
応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。
万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。
しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。
転職企業とのやりとりは全てお任せできます。
入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?
こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。
(Video) 就活 OB訪問4 お礼メールの出し方

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。
転職面接の後にお礼メールは送るべき?必要性と作成時のポイントを解説 (3)転職面接の後にお礼メールは送るべき?必要性と作成時のポイントを解説 (4)
リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。
求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

転職面接の後にお礼メールは送るべき?必要性と作成時のポイントを解説 (5)
31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。
1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。
多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。
非公開の求人も100,000件以上あります。
リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。
自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。
ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。
キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。
言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。
他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。
入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

転職面接の後にお礼メールは送るべき?必要性と作成時のポイントを解説 (6)
一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。
不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。
転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。
プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。
心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。
(Video) 【内定率爆上がり】人事に気に入られるお礼メールの送り方【就活 インターン】
公式サイトはこちら
転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。
プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

FAQs

面接 お礼メール いつ送る? ›

A2.面接当日中がベスト。 時間が経ってからのお礼状・お礼メールは逆効果になることも できれば面接当日中、遅くとも翌日までには送る(投函する)ようにしましょう。

面接 お礼メール どこから送る? ›

面接の冒頭で面接官から自己紹介があったとしても、面接官が複数人いたり、緊張したりして名前を忘れてしまった、ということもあるでしょう。 そんなとき、メールの宛名はどうすべきなのでしょうか? 結論からお伝えすると、お礼メールの宛先は、「面接ご担当者様」「面接官の皆さま」と書けば問題ありません。

面談後お礼のメール例文は? ›

本日はお忙しい中、貴重な機会を設けていただきありがとうございました。 〇〇様のお話を伺い、貴社の魅力や今後の事業の展望をよく理解でき、より一層貴社で働きたい気持ちが強くなりました。 お忙しいところ面談のお時間を頂いたこと、改めてお礼申し上げます。 貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

面接後 お礼メール いつ? ›

面接後にお礼メールを送る場合は、できるだけ当日中に、遅くとも翌日までには送るようにしましょう。 ビジネスメール全般に言えることですが、遅れてメールが届くと相手方は時間にルーズな印象を受けます。 メールを出すのが翌日よりも遅くなってしまいそうな場合は、むしろ送らない方がいいといえます。

面接 メール 返信 いつまで? ›

【基本マナー】見たらすぐ、24時間以内に返信

遅くとも「24時間以内」には返信したいところです。 もし、日程調整などが必要ですぐに返信できない場合は「ご連絡ありがとうございます。 日までにはご返信します」といった「取り急ぎの返信」をしておきましょう。 返信する時間帯は、応募企業の就業時間内に送信するのがベター。

就活 面接 お礼 メール いつ? ›

就活お礼メールを送る時間帯について

最後にお礼メールを送る時間帯について確認しましょう。 一般的にお礼メールを送るタイミングは、面接やOB訪問が終わった当日に送れれば理想です。 というのも、メール面接官や採用担当が確認していた場合お礼メールが当日中など早いタイミングの方が、好印象を受けます。

最終面接 お礼 メール どこに送る? ›

お礼メール送る場合は、メールのやりとりをしている採用担当者宛に送れば大丈夫です。 手紙やはがきでお礼を伝える際は、採用担当者、もしくは最終面接面接官宛に送ります。 面接官が複数だった場合は、連名で送っても問題はありません。

面接 お礼 誰に送る? ›

宛先は面接を担当してくれた相手に送るのが理想ですが、連絡先が分からない場合は採用担当者に送りましょう。 両方とも連絡先が分かる場合は、面接してくれた相手を「To」に、採用担当者の方を「Cc」に設定するとよいでしょう。

お礼メールの宛先は? ›

お礼メールは採用担当者に宛てて送るのが一般的ですが、特に宛先に決まりがあるわけではありません。 採用担当者に宛ててメールを送るときは、「面接してくださった方々に、くれぐれもよろしくお伝えください。」 などと一言添えておくことをおすすめします。

面接 お礼メール 何時間後? ›

面接お礼メールは、面接を受けた当日の勤務時間中に出すのが基本です。 とはいえ、面接時間が17時からや18時からで、当日の勤務時間中にお礼メールを出すのは不可能ということもあるでしょう。 このような場合は、翌朝でも構いません。 帰宅してから夜遅くにメールをするよりは、翌朝あらためて送るようにしてください。

面接お礼メールの内容は? ›

お礼メールの本文では面接の機会を作っていただいたことに対するお礼に加えて、感想や印象に残ったことを端的に伝える項目があります。 感想や印象に残ったことを伝える項目で、やる気・志望度が高いことを直接採用担当者に伝えることができます。

面接のお礼メッセージは? ›

お礼は「○○のお話に感銘を受けました」「貴社が掲げるビジョンを深く理解することができました」など、面接時の感想を交えながら伝えるようにしましょう。 採用面接では、経験やスキルとともに志望意欲を感じ取ろうとする企業がほとんどです。

リクルーター面談 お礼メール いつ? ›

リクルーター面談お礼メール面談当日中に送るようにしましょう。 当日中にお礼メールを送ることで感謝の気持ちとその企業に対する熱意が伝わりやすくなります。 当日だと顔や人柄をまだ覚えているので、誰からのお礼メールなのかがイメージしやすくなり印象に残りやすくなることでしょう。

昇格のお礼メールは? ›

【例文】昇進・昇格お礼メール

誠にありがとうございます。 これまでたくさんのご迷惑をおかけしました。 今回の□□への昇格も〇〇部長のご指導があってこそです。 いつも温かくご指導ご鞭撻いただき、心から感謝申し上げます。

OB訪問 お礼メール いつ? ›

内定が決まったら改めてお礼メール

OB訪問お礼メールというと、相談にのってもらった直後に送るものだと思われがちですが、内定を獲得した後に、再度報告とお礼を兼ねた連絡を入れると良いでしょう。 このときのポイントは2つ。 ‌1つは、OB訪問で得られたことが実際の選考に活きたと伝えることです。

就活 メール 返信 いつまで? ›

24時間以内に返信する

会社からのメールには、なるべく早く返信するのがマナーです。 ただし、「早く返事をした方が良いだろうから」と深夜にメールを送るのは避けるべき。 夜遅くにメールを作成した際は、翌日(企業の営業日)の午前中に送信しましょう。

面接日程調整メール返信 どこまで? ›

基本的に、1通目にきたメールには返信をします。 2通目にきたメールからは、タイミングをみて返信を終わらせるようにしましょう。 やりとりの目的が果たせたら、返信を終えて問題ありません。 面接日程調整が目的であれば日程が決まること、面接のお礼であればお礼を伝えることが目的です。

面接日程 メール 何時まで? ›

「24時間以内」「午前9時から午後10時まで」に返信 応募先の企業からメールが届いたら、できるだけ早く返信するのが基本です。 遅くとも、24時間以内には返信するようにしましょう。 メールを送る時間帯は、午前9時から午後10時までの間が理想。

就活 お礼メール いつ? ›

面接後、お礼メールを送るのであれば、すぐに送りましょう。 当日中、遅くとも翌朝には送るがいいでしょう。 ビジネスマナーとして、訪問後のお礼メールは当日中に送るのが基本です。 社会人ではなく学生ではあるものの、マナーを守って当日中に送りましょう。

就活 お礼状 いつ出す? ›

お礼状はなるべく早く出す

お礼状出すべきタイミングですが、明確な期日はありません。 しかし面接後や説明会の当日中に出すことが望ましいでしょう。 お礼状が届くのが早ければそれだけ企業に対しての想いが強いアピールにもなりますし、より好印象を与えることができます。

就活 お礼メール 誰に? ›

宛先はメールの内容によって変えよう

エントリーシートや履歴書の送り先、あるいは面接の連絡などを伝えてくれた相手が採用過程の担当者です。 基本的には窓口になっている人物にメールを送ると間違いはありません。 分からないことや日程の確認などは担当者に送るようにしましょう。

最終面接 お礼 メール いつ? ›

お礼メールは、最終面接があった日か、遅くともその翌日には送ります。 あまりに遅くなってしまうと、お礼の気持ちをうまく伝えることができなくなってしまうでしょう。 また、数日後にお礼メールを送っても、対応が遅い印象を与えてしまいます。

最終面接 お礼 いつ? ›

お礼のメールを送付するタイミングは、最終面接が終了した直後か当日中に送付するのがベストです。 あまり時間が経ってから送付すると、だらしない印象を与えてしまい、仕事に対しても迅速に対応できないのではと捉えられてしまう可能性もあります。 当日中に送付する際は、なるべく面接が終了してから時間が空かないよう注意しましょう。

面接後 メール どこに送る? ›

送り先は、会社の採用担当のアドレスにするのが一般的です。 新卒者が就活をスタートさせる頃までに、多くの企業で、採用担当用のメールアドレスが用意されます。 このアドレスが就活期間中は会社の窓口となりますので、「採用ご担当者様」もし名前がわかる場合であれば「〇〇様」と記載しましょう。

最終面接 お礼状 誰に? ›

「担当者様」とひとくくりにしても失礼ではない

複数の担当者に対してお礼メールを送る場合、メール本文に記載する宛先は「人事担当者様」などの個人名以外を使っても構いません。 ビジネスマナーとして、個人名の分からない相手とやり取りする際に相手を「担当者様」と呼称するのはよく行われること。

面接後お礼のラインは? ›

面接ですでに終えています。 どうしてもお礼のメール・LINEをしたいなら、簡潔に「本日はご多忙の中、ありがとうございました。」 で十分です。 相手のことを思って、連絡はしましょう。

お礼状の宛先は? ›

敬称は個人宛てなら「様」、部署宛てには「御中」 宛先が個人の場合は、氏名の後に「様」をつけましょう。 部署や企業宛てに送る場合は、「御中」をつけます。 「○○部御中 ○○□□様」のように「様」と「御中」を併用するのは誤りなので、気をつけましょう。

返信の返信の締めは? ›

返信がほしいときの締め
  • ご回答お待ちしております。
  • お手数おかけいたしますが、ご返信いただけますと幸いです。
  • ご多忙の折、大変恐縮ですがご返信いただけますと幸いです。
Jan 10, 2020

各位 どの? ›

各位」=「皆様」といった意味なので、「各位」にもすでに「様」といった敬称が含まれています。 「○○各位様」「○○様各位」「○○各位殿」といった使い方は、一見丁寧な表現に感じるかもしれませんが、敬称を重ねて使ってしまっているので二重敬語となります。 このような使い方はしないようにしましょう。

お礼メールの締めは? ›

感謝の気持ちを伝える際の締めの言葉
  • この度は心より感謝申し上げます
  • 重ねてお礼申し上げます
  • 厚く御礼申し上げます
  • ご厚情を賜り、誠にありがとうございます
  • この度の件につきましては、謹んでお礼申し上げます
May 7, 2021

お礼のメール 何時まで? ›

就活中の企業へのお礼メールは、24時間以内に送りましょう。 メールを送る時間帯ではなく、送信までの時間が大切になります。 この24時間というのは、相手がメールを送信した時間から24時間以内ということです。

面接通過の返信は? ›

面接の日程を自分から提示する場合の返信【テンプレ】

この度は、書類審査通過のお知らせを頂きまして、誠にありがとうございます。 次の選考の機会を頂戴できるとのことで、大変嬉しく思っております。 ご調整いただけますと幸いです。 ご連絡を頂ければと思います。

面接結果の返信は? ›

面接結果が採用だった場合 採用の通知がメールで来た場合は、返信必須です。 返信が遅かったり、返信をしないで居ると採用担当者が困るだけでなく、入社前から「意欲が低いのでは?」と思われてしまいます。 受信から24時間以内の返信が望ましいでしょう。

就活お礼状の書き方は? ›

主文では、まずは「面接のお礼」を記しましょう。 その他に、「面接で感じたこと」「志望する気持ち」などを書くのもよいです。 結びのあいさつは、用件の総括や相手を思いやる言葉などを述べるのが基本的な形です。 結びのあいさつの次の行に結語を記します。

Videos

1. 第4回目【説明会後のお礼メールは必要?印象を良くするコツ】
(ami)
2. 面接中に分かる合格サイン・合格フラグ5選
(【転職YouTuber】メガネ転職コンサル)
3. 日立の人事制度改革~担当者が説明する
(BDTI Japan - 公益社団法人会社役員育成機構)
4. 最終&役員面接で落ちない!受かる人がみんなやってる対策3つ【使える逆質問も紹介】
(ウズウズカレッジ l デジタル(IT・DX)分野のリスキリング就職)
5. 【就活】合否連絡の裏側解説!!
(現役人事の就活情報CH)
6. 添え状の書き方
(世直しチャンネル)

You might also like

Latest Posts

Article information

Author: Ouida Strosin DO

Last Updated: 10/05/2022

Views: 6196

Rating: 4.6 / 5 (76 voted)

Reviews: 91% of readers found this page helpful

Author information

Name: Ouida Strosin DO

Birthday: 1995-04-27

Address: Suite 927 930 Kilback Radial, Candidaville, TN 87795

Phone: +8561498978366

Job: Legacy Manufacturing Specialist

Hobby: Singing, Mountain biking, Water sports, Water sports, Taxidermy, Polo, Pet

Introduction: My name is Ouida Strosin DO, I am a precious, combative, spotless, modern, spotless, beautiful, precious person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.